高齢者コミュニケーターはどのような資格?

高齢者コミュニケーター

高齢者コミュニケーター

高齢者コミュニケーターとは、高齢者と意思疎通をする際に、話し方や聞き方といったカウンセリング技術を学んだ人のことを言います。

 

福祉に関する求人は高齢者施設が非常に多いので、話す内容や言葉遣いなどを学ぶことで高齢者とのコミュニケーションを円滑に図ることが出来るようになります。


詳細・資料請求はこちら

 

高齢者コミュニケーターを取得する意味

1どんなスキルアップが期待できる?
仕事において、高齢者と円滑に話すことができる技術が身につきます。

 

また、福祉介護の相談を受ける際に非常に重要となる傾聴のスキルを学ぶことで福祉に関する総合的なスキルアップが期待できます。

 

2資格取得方法
高齢者コミュニケーションの資格には、体感で学ぶものなので、難しい修了試験などはありません。
大抵は受講のみで資格を取得できます。そういった意味では簡単に取得することができる介護資格の一つです。

 

ガイドヘルパーなどと同じく、サブ的な役割を担う介護資格なので、介護職員初任者研修や実務者研修などメインとなる資格に力を入れつつも、時間と体力に余裕ができたら取得するような感じで良いと思います。

 

講座を選ぶ時には、実際にカウンセリング実技があるような講座を選んだほうが技術取得という意味からもおすすめ出来ます。

 

3学んだことはどこで役立つの?
この高齢者コミュニケーターという資格が直接、就職の決め手になる事はありません。
むしろ介護施設で働いている方が高齢者とのコミュニケーションに悩んだ際、今までの自分の対応を見なおしたり、技術の確認や裏づけを行う際に有用となる資格です。

 

高齢者との接し方講座といった方がわかりやすいかもしれません。

 

高齢者と楽しく会話

 

これから高齢者施設などでボランティア活動を考えられている方にとっても、事前の受講でスムーズにボランティア活動に専念できる様になるでしょう。

 

福祉に関する知識や技術が何もない状態で福祉施設でボランティアをしようとすると、受け入れ先の関係者も不安に感じるでしょうが、「資格を持っている方・講座を受けたことがある方」は、高齢者と関わりたいという意思を自ら証明することができます。

 

こういった姿勢は、もちろんその先にある就職や転職活動においても大きく評価されます!

 

詳細・資料請求はこちら