介護資格を取得する際の正しい順番

迷ったらこちら!絶対守るべき介護資格取得の順番

介護資格を取りたいけれど、資格の種類がたくさんあるので、どんな順番で取ったらいいのわからなくて困っている人がいると思います。

 

また、適当に興味のある介護資格の勉強を始めてしまって、時間とお金を無駄にしてしまった方も多いです。

 

初心者の方が介護資格を取る際には「絶対に守っておいた方が良い順番」があります。

 

既に介護業界で働いている方にとっては「資格取得によって給料アップ・キャリアアップにつながりやすい順番」があります!

 

このページでは、その順番について紹介していきます!

 

資格種類とベストな取得順番

まず結論から言ってしまうと、正しい資格取得の順番は
(1)介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)
(2)実務者研修(旧ホームヘルパー1級)
(3)介護福祉士(国家資格)
(4)ケアマネジャー(介護支援専門員)
となります。

 

介護資格を取るべき順番

 

(1)介護職員初任者研修

未経験の人に、1番最初に取るべき資格としてオススメしている資格は介護職員初任者研修です。

 

オススメというよりも「絶対に順番を間違えてはいけない」というくらい重要なポイントです。

 

その理由を3点挙げていきます!

 

1.無資格だと介護職として仕事に就くのが難しい

介護職の求人で「無資格でも可」との求人条件をよく見かけます。

 

ですが、そういった求人の実際の仕事内容は、介護施設や病院の、

  • シーツ交換
  • お掃除

のみだったりします。
つまり介護の仕事とは言い難く、よくてヘルパーさんのサポートくらいの役割です。

 

当然、資格を持っている人よりも給料が半分、少なくとも数万円は安くなってしまいます。

 

ですから、介護資格の入り口的な存在である「介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)」を就職の際には持っておきたいところなんです。

 

また転職の際に実務経験がなくても、介護職員初任者研修さえ持っていれば、介護業界でラクに新しい仕事を見つけることができます。

 

2.逆に持っていると、就職しやすく選択肢もグーンと広がる

無資格とは逆に、介護職員初任者研修を持っていれば、

  • 在宅介護サービスのヘルパー
  • 介護施設
  • 病院の介護職員

など、多くの選択肢から職場を探すことができるのです!

 

3.どんな雇用形態でも働ける

履歴書の資格欄に「介護職員初任者研修修了」と書けることのメリットとして、

  • 正社員になれる
  • パートにもなれる
  • 実務未経験でも派遣会社に登録できる

などのように、雇用形態を自分で選ぶことができるようになります。

 

我慢してパートに甘んじるなど、そういったことがなくなるのです。

 

ですから、

  • 子供さんが少し大きくなって仕事に復帰したいママさん
  • フリーターだったけど正社員になってバリバリ働きたい人

など、色々な人が望む働き方を実現できるのが介護職員初任者研修なのです。

 

初任者研修を取得する方法

介護職員初任者研修は、スクールによっては平日コースだけでなく、

  • 土日コース
  • 夜間コース
  • 最短1ヶ月コース

も用意されています。

 

残念ながら通信だけでは取得できませんが「通信+通学」を組み合わせたコースが一般的ですので、なるべく通学する時間を減らすことは可能です!

 

介護職員初任者研修のさらなる詳細はこちらから!

 

 

(2)実務者研修

2番目に取るべき資格は「実務者研修」です。
実務者研修は、初任者研修(ヘルパー資格)だけを持っている方にとっても、給与アップ・スキルアップを望む人には欠かせない資格となっています。

 

また、その理由を3点挙げていきます!

 

1.介護職員初任者研修より給料が上がる

実務者研修を受講することで、介護職員としての業務内容が広げられるだけでなく、介護事業所内での待遇も変わりますので給料アップができる場合が多いです!

 

2.サービス提供責任者になれる

実務者研修を持っていると、現場でサービス提供責任者になることができます。

 

さらに、介護報酬の減算がされることがないので、お勤めの訪問介護サービス事業所からも喜ばれます。

 

ぜひ「サ責」を目指しましょう!

 

3.介護福祉士受験資格に実務者研修修了が必要

平成28年度(平成29年1月)の介護福祉士試験から、実務者研修を修了している事が受験資格要件となります。

 

なので、これから介護福祉士を目指す人にとっては、必須の研修となりました。

 

介護福祉士といえば国家資格です。
多くの介護士にとっても、ひとまずの目標になってるので、実務者研修は避けて通ることはできません!

 

実務者研修を一番最初に取得するのはお勧めしない理由

1番目の介護職員初任者研修を飛ばして、2番目の実務者研修から取得し始めることもできます。
しかし、介護未経験の人が1番目に実務者研修を受講することはオススメしません

 

その理由として研修内容が、

  • 介護現場で実務を経験をしている人を対象としている
  • 初心者が理解をするのが困難

だからです。

 

さらに付け加えるなら、実務者研修を修了してなることができるサービス提供責任者は、訪問介護サービスでヘルパーとしての豊富な経験がないと上手く実務をこなせないからです。

 

もし、仮に未経験のまま実務者研修だけを終えてサ責になれたとしても、現場で利用者さん、会社の方に迷惑をかけてしまうことは目に見えています。

 

何より何もできずに自分自身が一番困ってしまうことになります。
ですから、まずは初任者研修を取得することから始めてください!

 

現役の介護職の皆さんへ

国家資格の介護福祉士を目指す方は、実務経験3年が近づいたら早めに受講しておきましょう!

 

実務者研修の詳細についてはこちらをご覧ください!

 

 

資格の勉強を始めよう!

 

(3)介護福祉士(国家資格)

3番目に取るべき資格は「介護福祉士」です。

 

介護福祉士は3年以上の実務経験が必要になってくるので、ここからは完全に初心者向けの資格ではなくなります。

 

既に介護現場で働いていて、リーダーや責任者を目指し、さらなるスキルアップ・給料アップを望んでいる人には必須の資格です。

 

ここでも介護福祉士を取得するべき3つのポイントを挙げたいと思います。

 

1.資格手当てがでるようになる

国家資格ともなると、取得後に手当が付く事業所も多いです。
当然お給料もアップしちゃいますね。

 

2.役職につける

介護施設や事業所には、法的に配置が必要な役職があります。
その役職には介護福祉士の資格所有者でないとなれないものがあるので、必然的に有資格者の中から選ばれることになります。

 

ですから、持っているだけでチャンスがやってくるのが介護福祉士なのです。

 

3.転職に有利

現場の介護職者として、どの介護施設も事業所も介護福祉士はなくてはならない存在になっています。

 

さらに、介護保険法で介護福祉士の在職率によって、介護報酬の加算があります。
なので、どの介護施設、事業所も介護福祉士資格所有者が欲しいのです。

 

国家資格保有者は、介護施設や事業所の介護職員だけではなく、

  • 教育:介護人材の育成
  • 管理職:施設長など

など職種の選択肢もさらに広がります。
国家資格を取得して、給料アップを目指しましょう!!

 

介護福祉士の詳細はこちら!

 

 

(4)ケアマネージャー(介護支援専門員)

4番目に取るべき資格はケアマネジャーです。
介護福祉士よりもさらにキャリアアップを望んでいる人は、ぜひ取得すべき資格です。

 

ケアマネジャーは介護職の最高峰の資格で、一般の介護職員とは別の職種となります。

 

ケアマネ取得のメリット
  • 給料が上がり、キャリアアップできる
  • デスクワークが主な業務なので、腰痛になっても年齢を重ねても続けられる
  • 転職がラクにできる

介護業界で安定した収入を望み、長く働きたい人は、取得すべき資格です。

 

さらに主任ケアマネも目指せる!

ケアマネとして実務経験5年で、主任介護支援専門員(主任ケアマネ)になることもできます。

 

主任ケアマネを持っていると、さらに仕事の選択肢が広がります。
ニーズのある職場は、

  • 地域包括支援センター
  • 居宅介護支援事業所の管理者

です。
そこで重要な役職にも就くことができるので、普通のケアマネよりグーンと給料アップができます。

 

正しい順番で資格を取る事で確実にキャリアアップ、給料アップができます。
ぜひケアマネジャーまで頑張って資格取得をしてください。

 

ケアマネ(介護支援専門員)についてはこららから!

 

 

ケアマネの私から一言

よくありがちな失敗としては、最初に初任者研修を取得するべきところ、「介護事務の方が楽そうだから」という理由でそちらの勉強を先に始めてしまうことです。

 

そして後から、介護事務だと就職に厳しい、キャリアアップにもそれほど役立たないというようなことがわかり、時間・労力をロスしてしまうことです。

 

最悪なのは、やる気をそがれて介護業界に就職・転職することを諦めてしまうことだと思います。

 

ですからスタートでつまづかないように、資格取得の順番を間違えないようにしましょう!

 

 

ニュースなどでご存知だとは思いますが、日本は高齢者が多く介護を必要としている人が大勢いて、今後も増え続けると予測されています。

 

そんな中、介護職は重要でニーズの高いお仕事です。

 

この仕事は、正しい順番で資格を取得すれば給料アップもキャリアアップもできます。
ぜひ介護資格の取得にチャレンジしてくださいね!!

 

まずは介護職員初任者研修から取得する!