介護福祉の資格を詳細解説

介護資格の詳細 記事一覧

迷ったらこちら!絶対守るべき介護資格取得の順番

介護資格を取りたいけれど、資格の種類がたくさんあるので、どんな順番で取ったらいいのわからなくて困っている人がいると思います。また、適当に興味のある介護資格の勉強を始めてしまって、時間とお金を無駄にしてしまった方も多いです。初心者の方が介護資格を取る際には「絶対に守っておいた方が良い順番」があります。...

続きを読む

介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級・訪問介護員)

介護の入門資格であり、最初に取得を目指す人が多いのが介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級・訪問介護員)です。国家資格である「介護福祉士」になる為の通過点にもなっており、一番人気があります!これから就職される方や無資格のヘルパーの方にお勧めです。介護職員初任者研修が一番人気の理由初心者・未経験者で...

続きを読む

実務者研修(旧ホームヘルパー1級)

実務者研修(介護福祉士養成)とは、介護に関する知識や能力だけでなく医療的なケアに関する介護技術を学ぶ目的として2013年より実施された研修です。「介護職員初任者研修」の一つ上の資格になります。改定前の「介護職員基礎研修およびホームヘルパー1級」に当てはまる資格です。実務者研修が必須の理由介護福祉士の...

続きを読む

介護福祉士(受験資格も要チェック)

国家資格である介護福祉士は、ヘルパーの方が目指す大きな目標の一つです!介護業界での年収やキャリアをアップさせていく為には、避けては通れない資格なので、受験資格をクリアして、早めに取得を目指しましょう!介護のプロとして国から認定される介護福祉士介護実践のプロフェッショナル介護福祉士といえば、国家資格で...

続きを読む

ケアマネジャー(介護支援専門員)

ケアマネージャーは正式名称で介護支援専門員といいます。主な仕事は介護支援を含めたモニタリングや総合的な介護のアドバイス、包括的なケアプランの作成などです。介護保険制度が実施される際に、各種サービスに関する施設や行政などとの連絡調整の必要性から誕生した公的資格となります。ケアマネを目指す方はどんな人?...

続きを読む

介護事務(ケアクラーク)

介護事務の主な仕事は、介護保険などを通して福祉サービスを利用した際に、そのサービスにかかる費用を算定することです。業界的には「介護報酬請求業務」と言います。介護保険の利用者負担分以外を国や都道府県に請求する際の、請求業務を行うことが主な業務となります。介護事務を取得するメリット最短3日で取得可能!介...

続きを読む

ガイドヘルパー(移動介護従事者)

ガイドヘルパーは、講座によっては最短3日で取得できることから、2個目3個目の介護資格として人気が高いです!介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)でも移動介助を行えますが、ガイドヘルパーを持っていることで介助できる方を増やすことができます。スキルアップの為に取得を検討してみましょう!ガイドヘルパーの...

続きを読む

介護予防運動指導員

介護予防運動指導員とは、高齢者の方が要介護者にならずにすむように筋力トレーニングや運動を通して身体のケアを行うことができる人のことを言います。年齢を重ねても生き生きとしたライフスタイルを過ごしてもらう為に欠かせない介護スキルです。介護予防運動指導員になりたい!予防が目的の資格介護予防運動指導員は、高...

続きを読む

福祉用具専門相談員

福祉用具専門相談員の主な業務は、介護が必要な方への福祉用品のレンタルや販売業務が中心になります。介護保険制度では、福祉用具の貸与は保険給付の対象となりますので、福祉用具貸与事業を行う事業所は、福祉用具専門相談員を2名配置することも必要としています。資格を取得すると、就職において一定の機会を得られます...

続きを読む

福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターは、身体に障害を抱える方、年齢を重ねるにつれ身体の能力が低下して自宅で過ごしにくさを感じている方に、バリアフリーなどの居住空間の改善を提案する資格です。また介護用品や生活品などについてのアドバイスも行います。どう活用するかが大事な資格!福祉住環境コーディネーターとは?何がで...

続きを読む

高齢者コミュニケーター

高齢者コミュニケーターとは、高齢者と意思疎通をする際に、話し方や聞き方といったカウンセリング技術を学んだ人のことを言います。福祉に関する求人は高齢者施設が非常に多いので、話す内容や言葉遣いなどを学ぶことで高齢者とのコミュニケーションを円滑に図ることが出来るようになります。高齢者コミュニケーターを取得...

続きを読む

社会福祉士

社会福祉士は、医療・福祉施設利用者の相談援助業務を中心に担うソーシャルワーカーです。介護福祉士が介護実務のスペシャリストであれば、社会福祉士は介護計画や相談、社会復帰や退院後のケアプランを作成する相談援助のスペシャリストであると言えます。難関資格の社会福祉士とは?社会福祉士は、障害や病気などが原因で...

続きを読む

認知症ケア専門士と認知性介助士の違い

日本国内の認知症高齢者の数は2025年には700万人を超えると予測されていて、認知症介護従事者の需要は高まる一方です。そんな状況の中で注目度が高まってきているのが認知症の専門家となれる資格です。認知症関連の資格にはいくつか種類があって、認知症ケア専門士認知性介助士などがあります。このページでは各資格...

続きを読む

難病患者等ホームヘルパー

難病患者等ホームヘルパーは、難病各疾患の知識や技能を持ち合わせ、在宅医療を行っている難病患者の生活介助を行うことのできる資格です。訪問介護員からスキルアップ・キャリアアップできる方向性の一つとして注目が高まってきています。難病患者等ホームヘルパーについて取得方法講座を受講して取得受講期間1日受講費用...

続きを読む

喀痰吸引(かくたんきゅういん)研修

喀痰(かくたん)は医療や介護の専門用語ですので、読み方意味ともに連想するのも難しいですよね。読み方は「喀痰吸引(かくたんきゅういん)」で、意味は高齢者の喉や気管、口の中から溜まった痰(たん)を吸い取ることを言います。「どうして痰を吸い取らないといけないの?」と疑問に感じる方もいるかもしれませんが、高...

続きを読む

たくさんある終活カウンセラー資格を集めました!

終活とは、自分の人生の終わり方を計画すること(エンディングノートの作成)財産や相続、遺産のことで家族を残された家族を困らせないようにすることお墓や葬式をどのようにするか決めておくことのようなことを生前から行っておくことを言います。終活カウンセラーやアドバイザーは、自分のことだけでなく、第三者に上記の...

続きを読む

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士

このページでは訪問リハビリテーションを行ってくれる実際のスタッフを紹介したいと思います。リハビリをサービスとして提供出来るのは決まった資格を有している人達のみです。次の3資格になります。理学療法士(Physical Therapist、略してPTと呼ばれます)作業療法士(occupational t...

続きを読む