訪問介護サービスについて

訪問介護サービスの内容と仕事として選ぶ時のポイント

訪問介護サービスとは、
訪問介護(ホームヘルプサービス)事業所から、訪問介護員(ホームヘルパー)が派遣されるサービスです。

 

ヘルパーさんは自宅に来て、家事や身の回りのことをサポートしたり介助してくれます。
つまり利用者さんは介護施設に入居せずとも、自宅での生活をそのまま続けられるのです。

 

介護職員初任者研修を取得した後、自分の時間で働きたいという方が就職するのも、この訪問介護事業所である場合が多いです。

 

介護施設ですと、いわゆる拘束時間が長いですが、訪問介護ですとより柔軟なシフトで働くことができるからです。

 

訪問介護員(ホームヘルパー)の仕事内容

ホームヘルパーの仕事は大きく2つに分類されています。

 

生活援助

ヘルパーの仕事は、日常の家事などの介助が主なサービスとなります。
訪問先によって内容は様々ですが、介護保険の適応範囲内容が定められています。

 

介護保険が適応されるのは、

  • 自宅の掃除
  • 調理
  • 洗濯、洗濯干し
  • 食品、生活必需品の買い物
  • シーツ交換
  • 衣類の整理
  • 薬の受けとり

などの介助です。

 

お買い物

 

単純に家事を代行するのではなく、利用者さんと一緒に行うこともあります。

 

身体介護

利用者さんの身体に直接触れて行う介助で、気配りと体力が必要になるサービスです。

 

具体的には、

  • 入浴介助(洗身、洗髪など)
  • 排泄介助(トイレ介助、オムツ交換)
  • 整容(洗顔、整髪、歯磨き)
  • 食事介助
  • 着替えの介助
  • 起床、就寝介助
  • 移動介助
  • 外出介助

のようなことを行います。

 

介助時、利用者さんの心身状態を観察し、変化があったら記録・報告を忘れずにする必要があります。
※身体介護にかぎらず、介護の仕事全てにおいて【記録、報告】は重要な業務です

 

身体介助

 

ホームヘルパーが法的にやってはいけないこと

介護保険制度の約束でヘルパーがやってはいけない事があります。

 

一見、生活援助になりそうなので、やってしまいがちですが、

  • 大掃除にあたる掃除=窓拭き、換気扇の掃除、庭の草むしり
  • 利用者以外(家族)の家事
  • 郵便物を出す
  • 正月などの特別な飾りつけ など

などは、ヘルパーとして法律的にやってはいけない行為です。

 

利用者さんによっては、「なんでやってくれないの?」と不服や文句を言われる方もいます。
そんな時は、ヘルパー自身で無理に解決しようとはせず、上司や担当ケアマネージャーに直ぐ連絡し指示をしてもらいましょう。

 

介護保険適応外の自費で、サービスすることにはなるかもしれませんがヘルパー独自の判断は危険です。

 

給料と勤務時間

「介護業界=給料安い」というイメージがありますが、ヘルパーの給料は、
平均時給1300円〜1800円と比較的高めです。

 

勤務時間は長時間なこともありますが、事業所や地域によって異なります。

 

実際の稼働時間は、訪問先1件あたり、

  • 短いと30分位
  • 長いと3〜4時間

で、1日数件回ります。

 

ただし移動時間は時給には含まれないことも多く、地域によって移動手段は自転車という場合もあります。

 

保険制度の決まりとして報酬の基準は、

  • 日中:午前8:00〜午後6:00⇒通常時給
  • 早朝と夜間:午前6:00〜8:00、午後6:00〜午後10:00⇒通常時給の1.25倍
  • 深夜:午後10:00〜午前6:00⇒通常時給の1.5倍

と定められています。

 

上記にある通り、訪問介護が必要とされているのは人間の営みなので、24時間対応の事業所もあり深夜業務を行えるヘルパーも必要となってきます。

 

深夜業務は生活リズムを整えるのが難しい分、高い時給で働けます!

 

高収入を得る裏ワザ

ヘルパーの時給は、時間帯だけで区別されているのではありません。
実は、生活援助より身体介護の方が時給は高いのです!

 

さらに土日祝日も時給は上がります!

 

また、これはホームヘルプサービス事業所の正社員さんが口を揃えて言っていたことなのですが、「パートで、働いている人の方が正社員よりも給料がいい!!」そうです。

 

コッソリと、パートのヘルパーさんにお給料を聞いてみたら、なんとケアマネの私より高いお給料をもらっていました。

 

つまり、高収入を得る方法をまとめると、

  • 土日、祝日出勤
  • 身体介護を多めに
  • 早朝と夜間出勤

パートで働いていると、1つの事業所だけでなく複数の事業所をかけもちできるので、自分で仕事のシフトを組むのも楽になると教えてくれました。

 

持っておくべき資格

介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)

ヘルパーとして働くなら介護職員初任者研修は、取得しておくべき資格です。

 

特別な場合以外、ヘルパーは1人で利用者さんの自宅へ訪問しサービスをしますが、資格がないと1人で仕事に行かせてもらえず、時給も安くされてしまうからです。

 

特別な場合とは:利用者さんの身体状態が、2人または複数介助を実施しないと危険であるとケアプランに位置づけられている場合です。

 

初めての利用者さんの自宅へ訪問する時は、必ずヘルパーの責任者同伴でサービスに入るので、特別とは考えないでくださいね。

 

サービス提供責任者(サ責)

サービス提供責任者とは、

  • ヘルパーの責任者
  • 上司

にあたる人です。

 

保険制度で利用者さんの数が40人またはその端数を超えることに、サ責を1人配置しなければならない決まりになっています。

 

サ責の役割は、

  • ヘルパーへの業務指示や指導
  • シフトの作成
  • ケアマネージャーとの連絡
  • ケアマネからのケアプランに従った訪問介護計画書作成

などです。

 

サービスが開始されたらその内容を評価、見直し、必要ならばケアマネにケアプランのサービス内容の変更や追加などの要求もする、訪問介護サービスのボスのような存在です。

 

サービス提供責任者に必要な資格

一般のヘルパーより高い知識、技術が要求されますので、当然資格も必要です。

 

資格取得も重要な条件ですが、ヘルパーとしての実務経験を十分積んでいないと仕事をするのが難しいポジションです。

 

補足:24時間対応の事業所(夜間対応型訪問介護)とは?

早朝や深夜にサービスに来てくれるのが、夜間対応型訪問介護(夜間ホームヘルプサービス)です。

 

夜間ホームヘルプサービスには、

  • 定期的に利用者の自宅を訪問する定期巡回
  • 必要に応じてヘルパーが伺う随時訪問

があります。

 

仕事の内容は主に身体介護が多く、随時訪問は事務所に待機している時間が長くなることもあります。

 

時給も高いので、高収入を目指していて体力、精神力に自信がある人にはオススメです。