福祉住環境コーディネーターを仕事にどう活かす?

福祉住環境コーデ資格を仕事・就職に活かすには?

福祉住環境コーディネーター資格は、住環境の改修についてアドバイスする専門家を育成するために作られました。

 

建築関連の方の活かし方

ですから、住宅改修の専門家である建築士や大工さんにとって、福祉住環境の整備を行う際にはとても役に立つ知識となります。

 

建築士の方にとって、障害や身体能力の衰えそのものについてや、それらによってもたらされる住環境内の危険箇所については、気付くことが出来ないことがあります。

 

福祉住環境コーディネーターの活かし方

 

そういった時に建築の専門家として、福祉住環境の知識を持っていれば、元々持っている建築の専門知識との相互作用によって、より安心して暮らせ快適な住まいの提案が可能になります。

 

また、建築に関わる若い人にとっても、自身のスキルアップに活かすことが可能です。

 

まだ技術的に未熟な人でも、福祉に関する専門知識を身に付けることで、住居内の危険因子を取り除く提案が出来ます。

 

技術的に未熟なうちでも、自分の得意分野といえるものがあれば、仕事に対して自信がつき、より早い技術の習得へとつながっていきます。

 

福祉方面からの福祉住環境コーディネーターの活かし方

すでに福祉の現場で働いている人にとって、住環境の整備というものは全く未知の世界であることがほとんどです。

 

普段接している利用者さんが、どのような点で不便を感じやすいのか、具体的にどういう住環境が快適なのか、ということはわかりますが、それを実現するためには何をどのように改修すれば良いのか、その方法がわかりません。

 

この資格は福祉と建築の両面から住環境へとアプローチしますから、福祉の専門家が初歩的な建築の知識も得ることができます

 

すると、福祉の現場の人間が元々持っている専門知識に、具体的な改修のイメージが加わり、現状においてもどうしたら利用者さんが安心して過ごせるかという視点が身に付きます。

 

その結果、改修を行わなくとも普段の支援の中で、よりよい自立支援のためのケアが可能となります。

 

相談業務においても活用しやすい

社会福祉士などの相談業務を主業務としている人にとって、在宅復帰の支援はとても大切な仕事です。

 

リハビリが終わり、ある程度の自立が可能となった利用者さんへ、自宅で危険を避けて安心して暮らすためのアドバイスを行う際、この知識がとても役立ちます

 

また、実際に改修が必要になった場合でも、その担当の相談員が改修の手配も行えるようになり、利用者さんにとっての負担が激減します。
このように、福祉住環境コーディネーターの知識は、広く役立てることが出来るのです。

 

就職には有利?

工事がメインの場合

福祉住環境コーディネーターとしての実際の業務とはどのようなものでしょうか。
まず挙げられるのは、工務店などの建築業者です。

 

工務店

 

元々工事を専門としているので、福祉住環境の整備以外にも、一般住宅の施工なども行います。

 

福祉住環境についても、施主からの要望を聞き取って、希望を最大限に取り入れた工事を行う流れは一緒ですが、最初の要望を聞き取るところにおいて、福祉の視点が重要になってきます。

 

この点においては、建築についてある程度の見識を持ったケアマネジャーや、社会福祉士などの相談員も加えたほうが、より安心して過ごせる住環境とすることができるでしょう。

 

しかしながら、実際の工事を行う建築業者であっても、この資格を持っていることで、ケアマネ等との打ち合わせがスムーズに進み、より短期間で高品質の改修工事が実現できます。

 

相談業務がメインの場合

福祉事業所などで相談業務にあたっている相談員にとって、福祉の住環境とはいえ住宅の改修という事業についてはまったくの門外漢です。

 

そんな相談員が施工業者と打ち合わせを行うことが多いのですが、建築の用語や基礎知識を知らないと、本当に利用者さんのためになる住環境の整備が難しくなります。

 

相談員は快適な住環境の条件がわかっているのに、それを実際に工事を行う人に伝えられないからです。

 

そこで、この資格の知識が生きてきます

 

基礎的な住宅工事の知識、主に専門用語についてですが、これを身に付けることで、どういった箇所に危険が潜むのかを的確に伝えることができ、また建築業者からの工事の状態をわかりやすい言葉で利用者さんに
伝えることが出来ます。

 

相談業務担当者としては実際の住宅改修には関わりませんが、そこに至るまでの過程で、とても重要な役割を果たします。

 

専門の福祉住環境コーディネーターとして

施工業者でも福祉事業所でもない福祉住環境コーディネーターはどうかというと、現状ではこの資格のみで独り立ちすることはとても難しいと言わざるを得ません。

 

上記のように、元々持っている仕事にプラスアルファの知識として活かす性格が強いため、単独での業務の遂行という点では、非常に不利なのが実情です。

 

しかし今後、さらに住宅改修の需要が高まってきますので、今のうちに建築・福祉いずれかの業界で腕を磨き、いずれは福祉住環境コーディネーターとして本当に中立の立場からのアドバイスができるように準備しておくのが良いかもしれません。