福祉住環境コーディネーターは介護現場で使えるの?

福祉住環境コーデ資格は介護現場で役立つ?将来性は?

介護全体の中での福祉住環境コーディネータの立ち位置としては、どんなものでしょうか?

 

実は介護の現場に直接携わらないことが多いことから、そんなに目立つ職種ではないのです。

 

介護現場の中で住環境資格はどのように役立つか?

介護現場では、介護を必要とする高齢者や障害者の方に対して、直接介護を行います。
主に在宅で介護を受けている人にサービスの提供を行いますね。

 

介護を受ける人が持っている残存能力を伸ばし、自立を促すことによって在宅復帰を目指すことが目的となっています。

 

ですが、住環境の改修は日常的に行うものでもありません。

 

しかし、福祉住環境コーディネーターとしての知識は、普段から介護に携わっている人にとっても、とても有意義なものであることは間違いありません。

 

福祉住環境コーディネーターとしての知識や視点を持っていると、その人が在宅復帰を果たした際に、どのような改修が必要なのか、あるいは残存能力を活かし、これを伸ばすにはどういった支援が必要なのかが掴めてきます。

 

こういった観点を持つことによって、よりスムーズに在宅復帰のための支援を行う事が可能となり、さらには実際に住環境の改修を行う際には、改修工事を請け負う業者との折衝にも生かすことが可能になってきます。

 

介護現場にも活かせる!

 

介護の現場では、直接的に役に立つ場面は少ないかもしれませんが、そうした知識をもった介護職員がいることによって、施設内での支援の在り方がより自立支援に向かい利用者さんの在宅復帰を促す原動力となり得ます。

 

施設内での危険に対するセンサー役にもなれる!

上記のような役立て方の他に、施設内での危険因子の発見に貢献することもあります。

 

基本的に介護施設はバリアフリーで危険が極力少なくなるよう設計されていますが、施設内の事情によっては、設備の配置などでどうしても危険因子となりうる対象が出てきます。

 

そうした危険にいち早く気付き、改善の提案ができるのも、福祉住環境コーディネーターの強みであります。

 

危険を排除した設計のもとに作られた施設である、という驕りにために、ベテランの介護職でも気付かない危険因子こそが、重大な事故につながる恐れがります。

 

このような状況の中での福祉住環境コーディネータの役割は、たとえ目立たないものだとしても、とても大きいものであると言えます。

 

福祉住環境コーディネーターの将来性・展望

福祉住環境コーディネーターは、高齢や様々な障害をもつ本人の個別の住環境の構築について、その環境整備を実践する際の一部始終を統括して見渡せる人として期待がなされています。

 

従って、こうした環境整備を包括的に行える人材として、老化現象や障害に関する人体的特質と住環境を構成する物理的な要素に関する両面的な知識を兼ね備えていなければなりません。

 

こうした人材は、福祉・建築の両分野を見渡しても、なかなか得られるものではありません。

 

そこで、この資格の勉強を通して、両分野の橋渡し的な人材を育成し、少なくとも技術的用語や専門用語を理解できる人材の登場が待たれます。

 

この2つの分野間における通訳のような役割を務められる人材が必要なのです。
現状では民間資格に過ぎない福祉住環境コーディネーターですが、その社会的な存在意義はとても大きなものと言えるでしょう。

 

これからの福祉住環境コーディネーター

現在、福祉住環境コーディネーターは2級レベルの人が増えてきています。
これは2級を持っていれば住環境整備の実務上は事足りてしまうためです。

 

そのため、この分野の専門家として活躍するためには、やや力不足な点が否めません。
真に福祉住環境コーディネーターとして活躍し、社会に貢献するためには、やはり1級の有資格者を増やし、地域包括的な視点からの住環境の整備が出来る人材が必要となります。

 

そして、そのチャンスは、未だ1級レベルの人材が非常に不足している現在、大いに広がっています。
1級の試験は合格率が5%前後と非常に低い難関資格となっています。

 

その上、受験者数も年間数千人と少ない数で推移しています。
福祉住環境コーディネートの専門家としての仕事が確立されるためにも、1級合格者をさらに増やし、専門家でなければできない品質の仕事の実績を積み上げることが、現状においての課題であると言えます。

 

専門家不在=勉強が大変な今こそチャンス

先駆的な専門家が非常に少なく、指導できる人材も限られている今、1級に合格することは、非常に意義のあることです。

 

参考書や問題集の出版が少なく、学習の助けになる資料が少ないということは、自分がその分野の第一人者となれるチャンスがあるということです。

 

社会情勢がハイレベルな福祉住環境コーディネーターを求める前に自ら挑戦し、その道の専門家としてより良い提案を社会に問うていく人材が、潜在的に求められているのです。

 

広く社会に認知されるために

福祉住環境コーディネーターという資格は東京商工会議所認定の民間資格です。
近年、ジョブカードへの記載が可能な資格になるなど、その地位は向上してきましたが、その存在すら知らない人がほとんどです。

 

福祉の資格の多くが長時間の研修や実務経験を必要とする中、受験制限が無く試験を受ければ取得出来る、珍しい資格でもあります。

 

福祉に関心がるが経験や研修用の時間が取れない福祉以外の方にとっては、福祉について学習する良い機会になる資格でもあります。

 

高齢者や障害者の在宅支援にとって必要不可欠な住環境整備ですが、やはり当事者として住宅改修の必要に迫られないと、知りうるチャンスすらないのが現状です。

 

こうした状況を改善し、広く社会に認知されるためにも、1級レベルの知識を身に付け、地域ぐるみの環境整備を行っていことで、健常者の方々にも環境整備の有用性を伝えていかなければなりません。

 

知識としての福祉

実際に福祉の現場には関係が無くとも、この資格の学習を通じて、福祉とは如何なるものか、我々の日常にどのようにかかわっているのかということを学ぶことができます。

 

こうした福祉の基礎知識を、住環境という誰もが関わる分野と組み合わせて学ぶことで、社会全体に思いやりを形にする風潮が生まれてくるはずです。

 

だれでも受験可能で、比較的容易な2級や3級の資格である福祉住環境コーディネーター。

 

知識として持っているだけでも、非常に有用な資格であると言えます。

 

さらに広く知ってもらうために

福祉の入口としてはかつてのホームヘルパー2級や介護職員初任者研修がすぐに思い浮かびますが、そうした本格的な資格を取る前の自習テーマとして、福祉住環境コーディネーターは有効であると考えます。

 

介護を学ぶ為にも有効な資格

 

誰もが関わる住環境を入口として、これと福祉がどうかかわっているのかや、福祉の基礎知識をも学べる資格です。

 

まずは有資格者を増やしていくこと、そしてその中から1級の有資格者が多数輩出されることで実績が生まれます。

 

その実績に基づいて、多くの人が興味を持ってこの分野に参入されます。
有資格者を増やし、専門家としての独自の実績を積みるげることで、さらに社会的認知度は向上するでしょう。